第2回の練習は24日です!

1回目の練習の後も代表のところに問い合わせの連絡が来ています。喜ばしいことです。みなさんが1回目の練習に満足していただけたということだと思っています。ありがとうございました。そしてすべては、音楽監督である徹氏の幅広い知識と経験のおかげですね。

徹氏から、美しく歌うことだけでなく音楽を楽しんで表現するために必要な情報やイメージが的確に団員に伝わっていたからだと個人的に思っています。

次回の練習はビバルディもブラームスも2曲目に進みます。今日も楽譜を見てました。


私は太田先生が準備してくださった対訳のプリントを活用してドイツ語の発音を予習しておこうと思います。「ä ü ö (ウムラウト)」と「ß(エスツェット)」は難しいですが、楽しんで練習します。

↓(ブラームスのこの楽譜、今日も届きました。ポチリ!間違えました(*'▽'))

ま、いいか!



閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私たちコールグラウベン福岡は4人の音楽家の先生方から音楽指導を受けています。 昨日は、太田先生、林麻耶先生の絶妙なるコンビネーション練習で、楽譜解釈まで、さらにそれをいかにして歌にのせるか初心者にも分かる丁寧な解説プリントまで作ってもらいました。それを使って基本的なドイツ語の読み方の指導がありました。さらに、お二人の解釈を絶妙な間合いでそれをピアノで音に変えてくださる岡本先生がいらっしゃいます。ま