九州キリスト教会館で練習しました。

初めて九州キリスト教会館で練習しました。祭壇に当たるラテン語の言葉「EGO SUM RESURRECTIO ET VITA 」検索したら『復活と人生』だそうです。私たちの練習している曲にふさわしい場所でした。VivaldiさんもBrahmsさんも喜んでくださったかな?なんて思いました。

ところが、練習していたら、男声パートとの距離がありすぎて時間のずれさえ感じました。そこで、男声パートの立ち位置を移動しました。2枚目の写真です。いい感じ♡


団員の皆様には後で、「団員専用」に動画を残しました。まだ、私のチャンネルにとんでください。8月までにはコールグラウベン福岡のチャンネルを立ち上げますのでお楽しみ!

では、1か月自主練を頑張りましょう!ごきげんよう。Tschüss!




閲覧数:65回0件のコメント

最新記事

すべて表示

私たちコールグラウベン福岡は4人の音楽家の先生方から音楽指導を受けています。 昨日は、太田先生、林麻耶先生の絶妙なるコンビネーション練習で、楽譜解釈まで、さらにそれをいかにして歌にのせるか初心者にも分かる丁寧な解説プリントまで作ってもらいました。それを使って基本的なドイツ語の読み方の指導がありました。さらに、お二人の解釈を絶妙な間合いでそれをピアノで音に変えてくださる岡本先生がいらっしゃいます。ま